弁才天のフルーツ大福は買う時からハッピーになる!!

GW中に食材買い出しの途中で見つけて気になっていたお店があります。
黒地に白字で”フルーツ大福”と書かれたシックな外観。
コタケもコトリもイチゴ大福が大好きなのです(笑)

絶対に写真映えする高級感、そして誰もが映えるカット断面可能

イチゴ大福好きなので、イチゴ大福を買ってきました。
このカット面、そしてこの上品さ!!老若男女が嬉しくなること間違いなし!!

ichigodaifuku

イチゴ大福 弁才天

この断面、私が切ったものです(笑) 弁才天がすごいなと思ったのは、この職人が展示用に切ったような
断面を誰もが可能なことでもあります。
喜びのあまり、写真を撮り忘れてしまったのですが、一つ一つの包装の中に、このようにカットするための
細い紐とカット方法の説明書が添えられているんです!!これは嬉しい気遣いです!!

10種類ほどのフルーツ大福が鎮座する

イチゴ大福は定番中の定番ですが、甘夏やイチジク、マスクメロン、キウイ、パイナップルなどなど
入ってすぐのカウンターに一つ一つ丁寧に置かれている大福たち。選ぶのを迷ってしまいます(笑)

この雰囲気から弁才天のファンになってしまいました(笑)
全ての大福は白い餅皮、白あんで包まれ、中のフルーツが際立ちます。
あんの量と甘みは控えめでフルーツの味をきれいに包んで、口の中で調和する!!

コロナ禍での対応もしっかりと

私が立ち寄ったのは、支店でしたが入店は一組ずつに限定しており、ドアの開け閉めも店員さんが
行ってくれていました。入店すぐに消毒アルコールをお願いされます。
(2021.5.19追記 名古屋駅の近くにも店舗を見つけました(笑) 名駅でちょっと土産をと思っている方に
は良いかなと思います。)

店員さんの一言ひとことがとても丁寧で、こういった細部にに表れる接客への精神も心地よくて
初めて行ったお店なのにすべてが好きになってしまいました(笑)
こういうところまでしっかりと出来ているお店ってなかなか無いんですよね。

創業は令和元年、名古屋の覚王山で創業されたようで、愛知県に数店舗展開しているとのこと。
サービスの良さ、店員さんの接客の良さ、商品の味はもちろんながら、お客さんが来店した瞬間から
その店内の雰囲気を楽しむ空間提供、選ぶときのワクワク感、包装を受け取るときの丁寧さを渡される
感覚、包装一つ一つを見た時の職人さんの気持ちの伝達、カットする楽しさ、カット面で楽しむ演出
そして食べた時の喜びと感動、ここまで配慮が行き届いたサービスは感動と驚きを感じました。

2021年5月23日 追記 : ジャンクスポーツで紹介されましたね!!また人気が爆上がりしそう(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました