サラリーマン道 : 出来ない人を大量生産する日本教育カリキュラム

社会に出て通用しない日本人が多いこと。これは、その人の問題も一部あるものの、社会構造による
ところであることを一日も早く気づき自分を変える必要がある。

日本の教育制度でつくられる考えられない人間

気づいているでしょうか。日本の高学歴の人ほど真の問題解決力に乏しい人の割合が多いことを。
その理由は、日本の教育カリキュラムにあります。

誰かの敷いたレールで、誰かの用意した答えを答えることが優等生

自分はどうだったでしょうか?周りの優等生達の多くはどうだったでしょうか?
全てというわけではありません。しかし、小学校、中学校までの多くの優等生は、大人の敷いたレールを
外れることなく、言われたように、大人が喜ぶように進める人。
そして、答えは誰かの用意した模範解答を覚えて答えること。大人が喜ぶ答えを予測して答えること。
そうやって、自ら考えることのできない人の大量生産をしているのが日本の学校教育の現場であることに
気づくべきです。

答えは無い、答えは自分で創る。

高校になって、大学に入って、遊びに走り人生を転落していく者たち。
鼻高々で大手企業に期待の新人扱いされてきたのはいいけれど、ぜんぜん使えないと言われてへこむ新人。

自分の力を養わなかった教育制度に気づき解放せよ!!

まだ社会に出て、今この時にプライドをへし折られたなら、チャンス!!
なぜなら、まだ人生は転落していっていないから。
ここで自分の力の無さを認め、受け入れることができたなら、そこから本当の成長が始まる。

そして、自ら考える力を養い、自らの意思を持つことを鍛え、その考えが少しでも持てる自分に
なったことを認めれるようになろう。

世の中には、正解は無い。

親や先輩や上司が必ず正しいなんてことは無い。そういっている者は小さい。

なぜなら、ベストは世の中に無く、しかし、ベターは常に存在するから。

 

これに気づけたら、ようやくスタートライン!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました