【チタンボルトはノーブランドも良い】高いブランドものが必要か?

チタンボルトで軽量化:ちりも積もれば作戦

チタンボルト
ブレーキキャリパー固定ボルトを変えましたのでレビューしていこうかと思います。
キャリパーボルト付属品って市販品だよねと思うものが多いと思います。
重いし、見た目もあんまりだし、ワイヤリングしようと思ってもできないです。
ワイヤリングに関しては下に記載します。
バイクの取り回し、特に押したり引いたりする時に軽いことはバイクに乗る
機会を増やしますし、力の無い女性ライダーのためにも少しでも軽くなる
のはライダー人口を増やすのに一役買ってくれると思うのです。
バイクでも車でも、最近はボルト固定を減らしていくのが開発の一つの方向性ですが
それでも多くのボルトが使われているので、ボルト軽量化は地味に効果があります。
アフターマーケットで少しずつ変えていくのも楽しんでみると良いと思います。
実感できないほどの塵積作戦です(笑)

チタンってタイタンからつけられた名前

Titanium タイタニウムは神話のタイタンから名づけられています。
鉄系に比べて強度が高く、そして軽い。強さの象徴であるタイタンをもじったという
なんとも面白い名前の付け方がされています。
アフターパーツではアルミボルトもたくさんありますが、強度部材には使えないです。
鉄系ボルトを同じサイズでアルミ化すると強度が1/3に下がってしまって危険です。
チタンは同サイズで強度アップして軽くなるなんて最高なんです。
では、なぜメーカーは使わないのか。

チタンボルトにメーカーが手を出さないのはユーザーのため

エンジニアの経験からですが、メーカー各社は軽量化にはとても力を入れている
ものなのですが、開発に力を入れるのはどうしても効果が大きく出る部分であったり
同時に価格を下げられる(原価アップを極力おさえられる)部分に開発力を集中して
しまうのはしかたないことではあります。
大きく設計構造を変える部分に関しては新車販売の販売戦略にも使えますしね(笑)
私がある開発の企画から開発を行った製品では全部品の軽量化と性能アップを徹底して
管理して開発したものがありますが、軽量化は全部品10%軽量化を目標にかかげて
検討段階で達成しないと試作しないということに取り組みました。
ボルトのような部品を軽量化するっていうのは至難の業!!アイデアはいくつもあるのですが
原価アップを伴うものばかり。
市場に出すには、ユーザーメリットを考えたら、どうしてもボルト一本に価格アップは
ユーザーのためにはならないのですよね。
ボルトのような部品は価格アップが避けられないがためにその分の軽量化目標値を他の部品に
割り当てて全体で目標達成をしていかざるを得ません。
そりゃあ、開発者はお金をかけていいのなら絶対使いたいですよ。私もそうでした(笑)
チタンの中空ボルトが全部位に使えたらどれほど設計が変わるか。
でもユーザーのためになるのかという葛藤の連続なのが実際の開発現場の苦悩なのです。
レース車両の開発ではこのハードルが勝つための手段として使えるので、レース関係の
開発部隊がうらやましかったものです(笑)
どのレースカテゴリーでも費用削減が命題になっているのですが、市場とは違う次元の
価格の話をしているので使うところには普通に投入できています。

ボルトを変えるなら足回りからが安全と満足度でおすすめ

ところで、ボルト変更をするには足回りボルトから手を付けるのが私としてはおすすめです。

安全性・安心度の向上

サーキットでのレース参加経験(私の経験は鈴鹿サーキット)の話をさせていただくと
レース参戦においては足回りの部品はボルト含めてワイヤリングが必須であり、レース前後の
車検チェック項目になっています。
一般公道においては、レースよりもボルト一本に至るメンテ頻度は低いわけで、一度やっておくと
安全性、安心度を上げてくれるワイヤリングをしてみるのはありです。
そのためにはボルトに穴あけが必要なのですが、ワイヤリング用の穴あけって小さな径で加工が
大変なのです。ならばワイヤリング用の穴が開いているものに変えてしまおう!!という発想に
なりますよね。

見た目の満足度もアップ:でもマニアにしか分からないかも

ブレーキキャリパーのボルトって目立つ場所なので変えたのが分かりやすいです。
ノーマルが艶消しのボルトならばなおさら変化が一目で目につきます。
こういったことへのこだわりってベテランライダーには気になる点です。
かなりマニアックな領域ですが。

軽量で安全で見た目も良くなる一石三鳥!!

それでも費用対効果が気になりますので、それに関しては下を読んでみてください。

ノーブランドで高品質のチタンボルトが手に入る事実

チタンボルトって日本のノーブランドが流通しているのを知ってもらいたいなあと思います。
ポジポリーニやβチタニウムなどの有名どころのボルトブランドは、一本で良いワイン一本買えてしまいます。
色付けもしてあってドレスアップに振っているなあと思うのですが、軽量化を主に考えるならばノーブランドで
絶対満足できると思います。
私が購入しているのは、ヘキサもボックスも使えてワイヤリングも出来て材質も64チタンです。
チタンなので鉄、ステン系とは価格勝負ということはできませんが、性能的にも見た目も満足度は絶対に
高いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました