主婦でも簡単、シンデレラフィット棚をDIYで作ってみよう!!

コトリは収納を考えるのが大好きでして、シンデレラフィットというのを目指しているということです。
コトリが考えて作った家の押入れの棚を紹介します。
本当に簡単に作れるのでおすすめです。

DIYのシンデレラフィット棚

DIY棚

押入れの中って整理整頓がしにくいと悩んでいる人って多いのではないでしょうか?
DIYで棚を作ろうと思っても、一苦労だし、、、、と億劫になりますよね。
ちょうどフィットするようなサイズのものって既製品ではなかなか無いのも事実ですし。

工具要らずでここまでできます!!超簡単(笑)

うちで最初に作った簡単DIY棚が上にあった押入れの棚です。
材料はホームセンターで売っているスリット入りの木材、これを4つの柱にします。
このスリット入り角材は面取りもしてあって、表面もきれいに削ってあるのでささくれも
ありませんので手触りも良いです。
長さも何種類もあるので、押入れにちょうどよい長さを選ぶか、ちょっと長めをカットして
もらいましょう。だいたい主要なホームセンターなら1カット数十円でスタッフさんがやって
くれるので、売り場でスタッフさんを呼ぶボタンを押して来てもらって、長さを伝えたら
カット場に運んでカットしてレジに持ってきてくれると思います。(店舗によって違いますが)
天板部は、角材を押入れにセットした際にスリット部に天板をはまって角材から天板が落ちない
サイズでカットをお願いしましょう。
あとは、角材を4本押入れの4隅に置いて、上と下に天板をそっとはめ込みます。
がたつきが心配だなと思う人は、スリットの角材と天板の間にちょっと紙を一か所詰めておくと
良いと思います。(見た目重視な方は100均などでクリアのゴムシートなどを使いましょう)
パイプをカットして組む棚もあるのですが、我が家も2つくらい作ってみて、見た目と
作業効率から今はこのスリット角材を使った棚に移行しました(笑)
パイプ材はカットが大変ですし、セットするパーツが地味に高い・・・・そしてネジで固定する
箇所が多すぎて本当に手間がかかります。

収納は見えなくするのがテクニック

我が家は、無印良品で奥行きと幅に合うボックスを用意してはめ込んでいます。
写真のものは、重なるブリ材長方形ボックスです。
他にも真っ白な樹脂のボックスを使っている棚も我が家は作っています。
こうやって開けた時に中が見えないというのは、実は片づけにも便利。
ボックスごとに入れるものを決めておけば、使う時に取り出し、片づける時も
このボックスにパッと入れたらよいので本当に楽ちん!!

棚のレイアウトも変幻自在

天板がスリットにはめ込んであるだけなので、ここの棚の高さを広くしたいなあとか
狭めたいなあと思う時は、天板をスリットから抜いて他のスリットに入れるだけ!!
パイプ棚だと固定パーツを外すのに、棚全体を出さないとできませんし、パイプラック
だとハンマーで固定している部分を外すのに一苦労・・・・
このスリット棚はそんな苦労がまったくないんですよ(笑)
見た目もキレイ、レイアウトも簡単に変えられる、作るのも変更も楽ちん!!
一度試してみる価値ありのDIY棚だと思いますよ。
地震対策はやったほうが良いので、スリットに何か固定物を入れることはおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました