【仕事観】 日本には欧米的なフラット感が必要だと思う件

組織運営ポリシーの一部は、
『エンジニアは皆対等である。』
『全員経営者主義』
としてチームを運営してきました。
技術論はぶつかり合えばいい。言い合えばいい。思うように動けばいい。問題を自ら見つけ出し、解決策を考え動き結果を導く。経営者であれば必ずやる事を全員がやる。
とチームの皆と話し合いながら関係を再構築しながら一歩一歩歩んできました。
しかし、その前何年かは真逆を強いられ続けていました。
部下になるべくそれを下ろさぬよう努めたつもりでしたが、それでも苦労したし、自分が一つの課を持つリーダーになった際には一部はそうならざるをえない時があったと思います。
こういう事に耐えるのは本当に苦痛で、毎日頭痛に悩まされ、ノイローゼになりそうだった日々がありました。
あまりの頭痛に脳ドックも受けたことを思い出します。
環境が変わった瞬間に何年も苦しみ続けた偏頭痛がうそのように無くなりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました